TOP> キダチアロエとの違い
アロエジュースのコーラル・ベジタブル
アロエジュースのコーラル・ベジタブル トップアロエジュースのコーラル・ベジタブル 会社案内アロエジュースのコーラル・ベジタブル 製品情報アロエジュースのコーラル・ベジタブル 新着情報アロエジュースのコーラル・ベジタブル 採用情報アロエジュースのコーラル・ベジタブル 直営ショップアロエジュースのコーラル・ベジタブル お問い合せ
   
                 
   

キダチアロエ日本で栽培されるアロエの多くは「キダチアロエ」(学名Aloe arborescens)です。アロエは熱帯が原産なので元来寒さには弱いのですが、キダチアロエは低温に強く、日本の冬季にも適応できます。加えてキダチアロエは比較的簡単に栽培できるので、日本でここまで定着しました。ちなみに「キダチアロエ」という名は、育つと木のような幹ができることからつきました。
このように日本では「アロエといえばキダチアロエ」ですが、世界的に見ると「アロエ」といえば「アロエベラ」を指すことが一般的です。キダチアロエの栽培は日本など一部の場所に限られていますが、アロエベラは世界的に広く栽培されているからです。

 
 
 
   
アロエベラとキダチアロエの一番の違いは、葉の形と大きさ。アロエベラが放射状に葉をつけるのに対し、キダチアロエは枝を伸ばすように葉をつけるのが特長です。またアロエベラの葉の大きさはキダチアロエと比較にならないほど大きく、ゲル(葉肉)の量が多いためジュースや食品に加工しやすいという特長をもっています。アロエベラはおおむね日差しが強い地域で栽培されるので、活発な光合成により特有の成分を葉の中にぎっしりと蓄えています。
アロエジュースの原料 アロエベラ
 
           
   
キダチアロエの葉の場合、硬い表皮の比率が高くゲルの量が少ししかありません。このためキダチアロエを食用に利用する場合、外皮とゲルを分けることが難しく、多くは葉のすべてを使うことになります。このとき、葉の裏側の苦味成分(アロイン)が残るので、どうしても苦味を感じてしまいます。アロエベラの場合、葉が肉厚なので外皮とアロインを完全に除去することができ、無味無臭のゲルでジュースなどを生産することができます。アロエベラを使った食品に苦味がないのはこのためです。
アロエジュースの原料 アロエベラ
 
 
トップへ戻る

Copyright(C)2006-coralvegetable Co.Ltd.All Rights Reserved