TOP> アロエベラの特長
アロエジュースのコーラル・ベジタブル
アロエジュースのコーラル・ベジタブル トップアロエジュースのコーラル・ベジタブル 会社案内アロエジュースのコーラル・ベジタブル 製品情報アロエジュースのコーラル・ベジタブル 新着情報アロエジュースのコーラル・ベジタブル 採用情報アロエジュースのコーラル・ベジタブル 直営ショップアロエジュースのコーラル・ベジタブル お問い合せ
   
                 
   
アロエベラは病害虫に強いため、無農薬で栽培することができます。またアロエベラは干ばつや台風に強く、やせた土地でも育つなど強い生命力をもっています。この生命力こそが、「医者いらず」ともいわれるアロエベラの最大の特長です。
アロエベラ株
   
アロエベラは、日本中で多く栽培されている「キダチアロエ」と比較してはるかに大型です。宮古島のアロエベラの場合、大きなもので1枚の葉の長さが約70〜80cm、重さも1.5kg以上にもなります。このような葉が10枚以上も重なり合って成長し、ひとつの株を形成します。
アロエベラと子供
             
   
アロエベラは、苗を植えてから約3年ほどで収穫できる大きさになります。アロエベラを真上から見たとき、その中心が「成長点」で、ここから新しい葉が生まれてきます。アロエベラの葉は外側の大きなものから順に収穫していきますが、1度に数枚づつの収穫ペースであれば、1〜2ケ月ごとに収穫が可能です。植え付け後、3〜4年で春と秋に黄色い独特の花を咲かせます。
 
             
   
アロエは一般的に「苦い」というイメージをもたれているようです。これは、日本中で栽培されている「キダチアロエ」を、アロインという苦味成分(外皮と葉肉の間に存在します)を取り除かずに食べた人たちが「アロエは苦いものだ」とし、それが広まったからといわれています。アロエベラの葉肉はこの「アロイン」の除去が簡単で、これを取り除けば全く苦くありません。それどころかクセや味がほとんどないので、自在な味付けが可能です。これは、人気のアロエヨーグルトなどを想像していただければお分かりになると思います。
アロエベラカットイメージ
 
 
トップへ戻る

Copyright(C)2006-coralvegetable Co.Ltd.All Rights Reserved