TOP> アロエベラについて
アロエジュースのコーラル・ベジタブル
アロエジュースのコーラル・ベジタブル トップアロエジュースのコーラル・ベジタブル 会社案内アロエジュースのコーラル・ベジタブル 製品情報アロエジュースのコーラル・ベジタブル 新着情報アロエジュースのコーラル・ベジタブル 採用情報アロエジュースのコーラル・ベジタブル 直営ショップアロエジュースのコーラル・ベジタブル お問い合せ
    
アロエジュースの原料、アロエベラについて
             
   
500以上の種類があるアロエの中でも、アロエベラは「アロエの中のアロエ」といわれています。アロエベラの「ベラ」という単語は、もともと「真実の」という意味。つまりアロエベラは「真実のアロエ」「本物のアロエ」という意味になります。ちなみにアロエベラの学名は「アロエ・バルバデンシス・ミラー」です。アロエベラの原産地が「西インド諸島バルバドス島」ということと、名づけたのが「ミラー氏」であったため、このような学名になりました。
 
   
アロエベラの原産地は、上記のように「西インド諸島バルバドス島」です。熱帯が原産であることから、その栽培は比較的気温の高い場所で行われます。生産地をあげると、メキシコなど中南米諸国やインド・オーストラリア・アフリカ、そして日本の沖縄など。また沖縄の中でも宮古島は、独自のアルカリ土壌からすぐれたアロエベラが育ちます。
 
         
   
アロエベラは世界中で愛用されています。たとえばアメリカ西部の家庭では、火傷・ケガをしたときや体調が悪いとき、家で育てたアロエベラの葉をむいて気軽に利用します。このことからアロエベラは別名『キッチン・ウインドーシル・プラント(台所の窓辺に置く植物)』と呼ばれ、常備薬のような感覚で一般的に普及しています。
ところで、アメリカが1952年に太平洋のビキニ環礁で水爆実験をおこない、近くにいた日本の漁船が「死の灰」をあび大惨事になった事故がありました。それを知ったアメリカ政府は、すぐさまハワイからアロエベラの生葉を空輸し、乗組員のヤケドの治療に使いました。アメリカ人は、火傷にはアロエベラがもっとも効く、ということを認識していたわけです。
 
         
   
      アロエベラは、4000年以上も前から美容と健康のために利用されてきたそうです。一説によるとあのクレオパトラも愛用していたそうですが、その他にもアレキサンダー大王が健康維持と士気高揚のために兵士に食べさせていた、などというエピソードもあります。このように、世界にはアロエベラに関する伝説が数多く残っています。  
 
 
トップへ戻る

Copyright(C)2006-coralvegetable Co.Ltd.All Rights Reserved